海外の医薬品を販売する | 発症しても、悩む前に積極的にEDは治していきましょう。
menu

海外の医薬品を販売する

散らばっている薬とパッケージ

ここ最近で「ジェネリック医薬品」という医薬品が増加しています。おそらく目や耳にしたことはあるでしょう。
しかし、具体的にどのようなものになっているのかは分からない人もいるでしょう。ここでは、そのジェネリック医薬品について説明しましょう。
ジェネリック医薬品というのは、海外の製薬会社がすでに商品を完成させている医薬品を日本の製薬会社が日本人が抵抗なく服用できるようにちょっとだけ改良し、見た目や名前などを変えて販売している医薬品のことです。この医薬品は成分も元々ある医薬品とおなじです。
しかし、なぜ国産の医薬品を開発して、販売を行わないのか気になりますよね。実は一から安心して服用ができるまでに医薬品を完成させるには、かなりの時間と経費がかかってしまうのです。
まず、この医薬品を開発する人材が必要です。そして、そのための施設や道具、材料も必要です。これらは全部を準備してもかなりかかりますが、こレを2、3年分ではありません。最低でも10年は用意しないといけません。そうなると数十億以上の資金が必要です。しかも、必ず完成をするという保証はありません。そんな余裕はどこの製薬会社にもありません。しかも、完成しても元を取らないといけないので、高額な医薬品になってしまいます。
そんなリスキーなことをするくらいなら最初から、ジェネリック医薬品として販売をした方がいいのです。
患者さんにとっても、製薬会社にとってもこれは嬉しいことといえます。このジェネリック医薬品はいろんな機関で推奨もされているので、今後も増えてさらに身近なものになっていくでしょう。